ドローンスクール 比較

ドローンスクール ドローンビジネススクール(DBS)

ドローンスクール比較!同じDPA(ディーパ)の資格を扱う『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』『DBS(ドローンビジネススクール)東京校』を徹底比較!

今回は、『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』と『DBS(ドローンビジネススクール)東京校』のそれぞれのスクール紹介を行い、比較していこうと思います。

この二つのスクールは、同じDPA(ディーパ)という協会に属しています。

そんな二つのスクールのスクール概要、費用や受講内容・受講形式、アフターサポートや特典等、様々な角度からお伝えしていきたいと思います。

ぜひ、スクール選びの検討材料にしてみてください。

 

二つのドローンスクール概要

スクール イラスト

まず最初に、二つのドローンスクールの概要からお伝えしたいと思います。

 

『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』

DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校

まず初めに『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』です。

このスクールは、株式会社モビリティテクノが運営するドローンスクールです。

運営元の株式会社モビリティテクノではその名の通りモビリティ事業を扱っており、具体的には「自動車販売・修理、鈑金塗装、自動車保険、ドローン事業など」を行なっているそうです。

DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校の最大の魅力は、国内最大級のコースの種類と重点的なアフターサポートです。

完全初心者用のコースから農業機器を扱うコースなど、豊富なコース選択だけでなく、「完全アフターフォロー型教習校」を売りに、都内最大級の飛行場を活用した無料飛行練習サービスを展開しています。

点検分野・農業分野に特化したコースがあったりスキルを磨くための重点的なアフターサポートはこのスクールならではと言えます。

 

『ドローンビジネススクール東京』

続いて、『DBS(ドローンビジネススクール)東京』の紹介です。

DBS(ドローンビジネススクール)東京は、国内受講生数No. 1の実績があります。

その最大の魅力は、最短2日で国土交通省認定資格が手に入るだけでなく、資格取得後の就活までサポートしている点です。

実践形式を重んじたDPA(ディーパ)のカリキュラムに加え、ビジネスでの利用を目的とした手厚いサポート体制もあるので、初心者の方でも圧倒的な技術力を養える点で人気があります。

 

スクール 費用

費用

続いて、2社の受講費用についてご紹介していきたいと思います。

 

『DBS(ドローンビジネススクール)東京足立校』の費用 〜アドバンスコース〜

まず、『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』ですが、一番人気はアドバンスコースです。

このコースでは、ドローンマスターズスクール認定資格『アドバンスコース修了証』とDPA(ディーパ)認定資格『回転翼三級』またはDMAの『マスター三級』が取得可能とのこと。

このコースの価格は20万円(税別)です。

ここに、初回登録料である回転翼3級:25,000円(税込み)が加わる形になります。

 

『ドローンビジネススクール東京』の費用 〜回転翼三級コース〜

『ドローンビジネススクール東京』の一番人気のコースは『アドバンスコース』です。

アドバンスコースは、実務的な技術とノウハウに重きをおいたコースで、ドローン操縦士協会(DPA)の認定資格「ドローン操縦士回転翼三級」の取得取得を目指すコースになっています。

講習内容としては、カメラ付きドローンを自由に扱える技術を2日間で習得可能なものとなっています。

価格は、2日間で200,000円(税別)で、こちらもドローンの貸し出し料や保険料も含んでいます。

 

受講内容・形式

続いて、2つのスクールの受講内容・形式についてご紹介したいと思います。

 

『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』:受講内容・形式

まず、『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』の受講内容を説明したいと思います。

内容としては、「正面以外のホバリング、飛行の組み合わせや8の字飛行など、業務を実施するために必要な30種類の操縦技能」の習得を目指しています。

期間は2日間で、試験に関しては30種類の操縦技能のうち20種類以上のクリアです。

認定資格「アドバンスコース修了証」を発行し、DPA(ディーパ)の「回転翼3級」またはDMAの「マスター3級」が取得できます。

受講形式は、インストラクター1人に対して1〜3人の生徒というような少人数生とのこと。

講師陣はどなたも、実際の現場で働くプロのパイロットなので、とても実践的な指導を受けることができますね。

また、万が一テストに不合格だった場合『スキルコース』受講を推奨しています。

このスキルコースは1時間につき1万円(税別)だそうです。

 

『ドローンビジネススクール東京』:受講内容・形式

続いて、『ドローンビジネススクール東京』の講義内容・形式についてです。

DBS(ドローンビジネススクール)東京では、航空法条例12個をすべて満たしているDPA(ディーパ)は、実践に重きをおいたカリキュラムを使用しています。

受講形式として『ドローンビジネススクール東京』では、豊富な経験を持つインストラクターによるマンツーマン指導を行なっています。

そのため、簡単な質問から難しい技術に関しても気軽かつ何度でも質問することができます。

加えて、インストラクターは全員総フライト時間が2000時間を超えるドローンによる空撮や点検事業などの現場で働く方々なので、実践技術を身につけるには最適な環境と言えるでしょう。

 

アフターサポート・その他特典

プレゼント

ここでは、各スクールのアフターサポート、その他特典等の紹介をしたいと思います。

 

『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』のアフターサポート・特典

『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』のアフターサポートや特典の一覧は以下のとおりです。

申請書作成サポート 卒業後、ドローンの操縦に許可申請が必要な場面において必要になる飛行申請書類を無料で作成してくれます。
練習場無料貸し出し 天候に左右されない都内最大級の大きさを誇る練習場を、卒業生なら無料で何回でも使用可能です。操縦技能は車と同様、卒業後の操縦量できまると言っても過言ではないため、非常にありがたいサービスと言えます。
ドローン購入サポート ドローンメーカー世界最大手であるDJI(ディージェーアイ)の販売代理店も行っています。
宿泊・交通費負担 遠方からくる参加者のために、当スクール近隣のホテルを無償で予約してくれるとのこと。もちろん、ホテル料金はスクールにて持つそうで、宿泊日数は参加者のニーズに合わせて要相談ということでした。また、DPA認定のドローンスクールが無い都道府県に住んでいる人限定にはなりますが、高速道路を利用した通学の場合、その高速料金も全額負担してくれるとのこと。これらのサポートがあることで、地方からでもその距離にビハインドなく入学できるのは良いポイントだと言えます。

 

『DBS(ドローンビジネススクール)東京』のアフターサポート・特典

ドローンビジネススクール東京のアフターサポートや特典の一覧は以下のとおりです。

『Holy Stone(カメラ付き)』 DBS(ドローンビジネススクール)東京では、公式HPを見ると先着10名に人気のホビー用ドローンをプレゼントとあります。カメラもついてる機体なので、より自宅での練習が楽しめるでしょう。
申請書作成サポート 『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』同様、卒業後、ドローンの操縦に許可申請が必要な場面において必要になる飛行申請書類を無料で作成してくれます。
練習場無料貸し出し DBS(ドローンビジネススクール)東京でも、天候に左右されない都内最大級の大きさを誇る練習場を、卒業生なら無料で何回でも使用可能です。
受講中のドローンの破損、対物への損害保険適用 こちらも、全てのコースでドローン保険の料金も含まれているようです。
ドローン購入サポート 『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』同様、ドローンメーカー世界最大手であるDJI(ディージェーアイ)の販売代理店も行っています。
人材派遣 DBS(ドローンビジネススクール)東京では、「SORAeMON」という副業・転職サービスを展開しています。これは、DBS東京の運営会社であるスカイエステート株式会社が作成したマッチングサービスで、点検、壁面調査など、操縦士と操縦士に合った案件が見つかるプラットフォームというサービス内容になっています。※SORAeMONアプリはこちら

 

まとめ

まとめ

最後に、これまでの項目を踏まえた比較を行っていきたいと思います。

以下、今回お伝えした項目をまとめたものです。

 

DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校

受講形式:少人数
★★★★☆
DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校は少人数形式を採用しています。マンツーマンほどではないですが、インストラクターの方とのコミュニケーションがしやすく、成長には欠かせない要素です。
アフターサポート
★★★★☆
グランドを無料で貸し出していたり、るようです。卒業後も練習ができることで、良いスキルアップが図れると思います。
認定資格
★★★★★
DPA(ディーパ)の認定資格・カリキュラムを使用しています。
JUIDA(ジュイダ)との大きな違いは、航空法条例12個をすべて満たしているか否かにあります。DPA(ディーパ)が全て満たしているのに対し、JUIDA(ジュイダ)は9個のみなので、確実にDPA(ディーパ)の方が良いでしょう。
費用
★★★★★
価格は200,000円(税込220,000円)です。
総合評価
★★★★☆
総じての評価はご覧の通りかと思います。ドローンスクールの性質上、価格面の低さは大切な要素の1つかなと感じました。

DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校の1番の魅力はアフターサポートと言って良いでしょう。

多岐にわたるコース設定と十分なアフターサポートは、ドローンスクールの中でもトップティアに位置していると考えられます。

比較した要素でもお分かり頂ける様に、かなりドローンビジネススクールと似た要素を持っていますよね。

 

ドローンビジネススクール

受講形式:マンツーマン
★★★★★
ドローンスクールの中でも唯一と言っていいほど少ないマンツーマン指導を導入しているスクールです。
総フライト時間2000時間を超えるベテランスタッフの個人指導のもと、実践形式かつ確実に自分のペースで学べる環境になっています。
アフターサポート
★★★★★
案件受注までの手厚いサポート、室内練習場永年無料、法規制や技術に対する質問も可能、と完璧なアフターサポートだと思います。何より、資格習得で終わらないサポートは操縦士にとって必須なものだと私自身実感しているため、この評価になります。
認定資格
★★★★★
DPA(ディーパ)の認定資格・カリキュラムを使用しています。
JUIDA(ジュイダ)との大きな違いは、航空法条例12個をすべて満たしているか否かにあります。DPA(ディーパ)が全て満たしているのに対し、JUIDA(ジュイダ)は9個のみなので、確実にDPA(ディーパ)の方が良いでしょう。
費用
★★★★★
価格は200,000円(税込220,000円)です。
総合評価
★★★★★
上記をまとめると左のような評価になりました。ドローンを使ってゆくゆくはビジネスにつなげたい方はぜひご検討して見てください。

 

ドローンビジネススクール東京も、卒業後のサポートや特典は充実しています。

大きな違いとしては指導体制で、ドローンビジネススクールはマンツーマン講義を取り入れ、一人当たりの操縦時間が非常に多く、且つ個人にあったペースでの学習ができる点にあるでしょう。

また、都心からのアクセスという点において、DMSよりも近いということが一つ挙げられます。

まさに、『ドローン操縦士資格が素早く取得でき、卒業後も手厚いサポートがある国内最大級のスクール』と言えるでしょう。

 

最後に

いかがだったでしょうか。

今回は、『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』と『ドローンビジネススクール東京』のスクール比較を行いました。

似た点も多くありますが、細かく見るとそれぞれ特徴があることがお分かりいただけたかと思います。

これからも、ドローンに関するお役立ち情報を発信していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

 

おわりに

「職業」としてのドローンパイロットの今後とドローンマーケットを研究している私がドローンスクールを

  • 受講形式
  • アフターサポート
  • 認定資格
  • 費用

という観点からおすすめ順にランキング形式で纏めました。

参考になると思いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

-ドローンスクール, ドローンビジネススクール(DBS)

© 2021 ドロシル