DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校

ドローンスクール

DPA(ディーパ)認定!『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』についてご紹介いたします!

今回はDPA(ディーパ)認定スクールの『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』についてご紹介いたします。

まずはそのスクール概要からお話ししアクセス、コース紹介、資格などなど様々な角度からお伝えできればと考えているのでぜひ最後までご覧ください。

 

スクール概要

DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校

まず初めにスクール概要についてお話しいたします。

『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』は株式会社モビリティテクノが運営するドローンスクールです。

運営元の株式会社モビリティテクノではその名の通りモビリティ事業を扱っており、具体的には「自動車販売・修理、鈑金塗装、自動車保険、ドローン事業など」を行なっているそうです。

そんな会社を母体にもつDMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校は、国内最大級のコースの種類が持ち味とのこと。

点検分野・農業分野に特化したコースがあったりスキルを磨くための重点的なアフターサポートはこのスクールならではと言えます。

 

魅力

ポイント イラスト

ここでは、『DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校』の魅力についてお話ししていきたいと思います。

 

豊富なコース設定数

まず、豊富なコース設定数です。

公式HPでも、太鼓判を押しているように、DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校では様々なニーズに合わせたコースを幅広く展開しています。

例えば、ドローン農業コースです。

このコースでは、農薬散布を行うドローン「DJI AGRAS MG-1」を用いて、その操縦方法からメンテナンス方法を学習し、すぐにでも実践できるレベルに引き上げてくれます。

また、そのほかにもドローン農業で活躍する他の機体に特化したそれぞれのカリキュラムが用意されているので、自由に選択肢し、ニーズにあった受講をすることができます。

これが農業だけでなく、太陽光パネル点検、家屋点検、測量など、様々な事業分野でのコースが用意されているんですね。

 

実力ある講師陣

続いて、講師陣の方々の魅力です。

DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校の公式HPによると、講師陣の方々はいずれもドローン事業分野の現場で働かれているスタッフです。

指導資格はもちろんのこと、各スタッフの得意分野に合わせて幅広い資格取得をされているので、ビギナーコースから通っている方も、次自分は何を目指せばいいかを、幅広く参考にすることができます。

 

卒業後のサポート

後ほど詳しくお伝えいたしますが、DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校では卒業後のサポートも最大の魅力の一つです。

何より、実践形式でいきたスキル習得をモットーに掲げているので、手厚いアフターサポートにより、卒業後でもさらなるスキルアップを図ることができます。

難しい飛行申請の無料作成や、無料での練習コート貸し出し、期待購入時のアドバイスや設定のお手伝いなどなど、幅広くサポートしてくれるようです。

 

練習用ドローン無料貸し出し

コースの種類が多い分、使用するドローンはどうすれば良いか気になっている方も多いかと思います。

もちろん、受講の際に使用するドローンは基本的に無料にて貸し出しを行なっているようです。

中には、購入したドローン機体を卒業後に持ち込む人もいるようですが、性能の良いドローンは非常に高額ですよね。

そのため、高品質なドローンを保険に入りながらも使用できるのは嬉しいですし、何より貴重な機会だと言えそうです。

 

国土交通省認定カリキュラム

DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校では、プロの操縦士(パイロット)を目指すべく国土交通省認定のカリキュラムを受講できます。

取得できる資格は、DPA認定資格の「回転翼3級」です。

詳しくは以下の欄で説明いたしますが、DPA(ディーパ)と言われる協会の定めたカリキュラムを終了することで、ドローンの技術と知識証明になる民間資格を手に入れることができます。

 

サポート

サポート

 

さてここでは、先ほど少し触れたサポート面についてお話ししていきたいと思います。

充実したサポートを大きく四つご紹介したいと思います。

 

国土交通省飛行許可承認申請サポート

まず初めに、飛行許可申請サポートです。

卒業後、申請が必要な地域でドローン飛行を行う際、必要な国土交通省への申請手続きが必要になります。

多くのかたが、この申請を忘れてしまって罰せられたり、手続きが難しく折角スキルが身についたのに楽しめないということもあるそうです。

そういった場面で、DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校では、難しい手続きの方法や申請のコツなどをプロの講師が手厚く何度でも教えてくれるようです。

何百回と申請をサポートしている方にしてもらうのは安心感がありますよね。

 

機体購入時のサポート

DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校では、スクール卒業後に機体を購入する際にも真摯に付き合ってくれます。

ドローンマスターズスクールでドローン機体を購入した人は、初期セットアップと機体の操作方法を無償でレクチャーしてくれるそうです。

購入者のニーズや用途に合わせた機体の選択に対して、無償で相談に乗り、さらには割引できる店舗紹介もしてくれるそうなので便利ですよね。

 

卒業後コート無料貸し出し

DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校では、卒業後にさらなるスキルを向上させるために卒業後に練習用コートを無料で貸し出ししています。

条件としては、練習用コートを機体を持参するとのこと。

何回でも無料で貸し出ししてくれる点は他のスクールと比較しても非常に良いサービスですよね。

 

ホテル代・高速料金を負担

遠方からくる参加者のために、当スクール近隣のホテルを無償で予約してくれるとのこと。

もちろん、ホテル料金はスクールにて持つそうで、宿泊日数は参加者のニーズに合わせて要相談ということでした。

また、DPA認定のドローンスクールが無い都道府県に住んでいる人限定にはなりますが、高速道路を利用した通学の場合、その高速料金も全額負担してくれるとのこと。

これらのサポートがあることで、地方からでもその距離にビハインドなく入学できるのは良いポイントだと言えます。

 

アクセス

アクセス

DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校の住所は下記の通りです。

 

DMS東京足立校の住所

住所:東京都足立区南花畑4-3-22

 

交通手段としては、つくばエクスプレスの六町駅から徒歩15分です。

上記の住所に到着すると、(株)上昇運輸様の倉庫が見えます。

その建物の右側面の階段を上がると入口があるのでそこで受付をするようです。

気になる方は公式HPをご覧ください。

 

コース紹介

ドローン 操作

こちらでは、DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校のコースについてご紹介いたします。

上の項目でもお伝えしたように、DMSには豊富なコースがあります。

 

ビギナーコース

このコースでは、総操縦時間が10時間未満の初心者向けのコースです。

内容としてh、ホバリングから始め、円移動や四角移動など、ドローン操縦士に必要な30種類の操縦技能を2日間で習得できる内容になっています。

試験では、30種類の操縦技能のうちクリアが20種類以上で、認定資格「ビギナーコース修了証」を発行いたします。

詳細は以下の通りです。

 

ビギナーコース

受講日数 2日間(別途3時間の無料補習チケット付)
受講時間 10:00~16:15(両日とも・休憩含む)
インストラクター 受講生最大3名につき1名
コース価格 12万円(税別)

公式HPより

 

アドバンスコース

アドバンスコースでは、ドローンの操縦時間が10時間を超えている人向けのコースで、実質DPA(ディーパ)の資格を取得ができるメインのコースです。

内容としては、正面以外のホバリング、飛行の組み合わせや8の字飛行など、業務を実施するために必要な30種類の操縦技能を2日間で習得出来きるものとなっています。

合格基準も先ほどのビギナーコースと一緒で、30種類の操縦技能のうち20種類以上のクリアです。

認定資格「アドバンスコース修了証」を発行し、DPA(ディーパ)の「回転翼3級」またはDMAの「マスター3級」が取得できます。

 

アドバンスコース

受講日数 2日間(別途3時間の無料補習チケット付)
受講時間 10:00~16:30(両日とも・休憩含む)
インストラクター 受講生最大3名につき1名
コース価格 20万円(税別)

公式HPより

 

スマート農業コース

このコースは、アドバンスコースを終了し、さらにスキルアップしたい方向け農業用ドローンコースの一つです。

このコースを終了すると、AGRAS MG-1のオペレータ認定証を取得することができます。

農薬取扱有資格者による教本を座学学習に用いることで、、農薬散布ドローン操縦士として必要な農薬取扱いと機体の機能性能について学ぶことができます。

スマート農業コースを終了すると、上記の資格に加えて、ドローンマスターズスクールの認定資格『DMSスマート農業技能検定』も取得出来ます。

詳細は以下の通りです。

 

スマート農業コース

受講日数 4日間 or 5日間※各コースの詳細に関してはお問い合わせください。
受講時間 9:30~17:00(休憩含む)
機体 トレーニング専用機体(無料貸出)
コース価格 4日コース 17万6千円(税別)
5日コース 21万6千円(税別)

公式HPより

 

スマート農業コースAG

このコースも、アドバンスコースを終了し、さらにスキルアップしたい方向け農業用ドローンコースの一つです。

このコース終了後には、国土交通省認定資格「農薬散布ドローンオペレーター」資格の取得が可能になっています。

詳細は以下の通りです。

 

スマート農業コースAG

受講日数 5日間 or 3日間 or 2日間 or 1日間
受講時間 9:30~16:00(休憩含む)
機体 トレーニング専用機体(無料貸出)
コース価格 5日コース 38万円(税別)
3日コース 28万円(税別)
2日コース 22万円(税別)
1日コース 12万円(税別)

公式HPより

 

精密農業コース

ここもさらにスキルアップしたい方向け農業用ドローンコースの一つで、精密農業を扱うコースです。

このコースでは「PARROT Bluegrass」というシステムを活用した自動飛行プランを学ぶことができます。

本コースで学べる解析ソフトは「PRECISION MAPPER Pro」です。

また、終了後にはパッケージアプリ「PRECISION MAPPER Pro」が特別価格で購入できるそうなので、合わせて検討すると良いでしょう。

詳細は以下の通りです。

 

精密農業コース

受講日数 3日間※ドローン操縦経験10時間以上の方
受講時間 9:30~17:00(休憩含む)
機体 トレーニング専用機体(無料貸出)
コース価格 25万円(税別)

公式HPより

 

 

取得できる資格について

DPA

最後に習得できる資格である『回転翼三級』について説明いたします。

これは、ドローンを操縦するにあたり、国土交通省が定める法令を踏まえてその知識と技術を有していることを示す資格です。

この資格を発行しているのはDPA(ディーパ)というドローンの団体で、DPAとは『一般社団法人 ドローン操縦士協会』の略称を指します。

その一般社団法人 ドローン操縦士協会ことDPA(ディーパ)のドローンの健全な発展を促進する取り組みの一つに資格の認定と発行があり、『回転翼三級』はそうしたスキル認定証という訳です。

回転翼三級を取得するメリットは以下の三つがあります。

 

メリット3つ

メリット1 メリット2 メリット3
高度な飛行技術を
習得することができるライセンスカードの提示により、国土交通省への飛行許可申請を一部簡略化することができます。それにより、現場でのスムーズな活用が可能となります。
国土交通省認定の信頼され
求められる人材になるドローン活用時には土地所有者、及び近隣住民への説明が必要不可欠です。その際、ライセンスの有無は交渉の大きな鍵となります。
どこでも安心安全に
飛ばすことができるビジネスシーンにおいても、資格の有無は大きな鍵となります。提案時に安心を担保することで、クライアントからの信頼感は大きくなります。

 

他の協会の比較についても記事を書いているので、是非そちらもみてみてください。

参考JUIDA(ジュイダ)?DPA(ディーパ)??ドローン操縦士(パイロット)の私が、国土交通省認定のドローン協会を比較してみた!!

どーも皆さんこんにちは!! ドローン操縦士(パイロット)のドロ助と申します。 今回は、題名にもあるように、国土交通省直属の3つのドローン協会・プログラムについて比較形式でお話しできればなと思います。 ...

続きを見る

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、DMS(ドローンマスターズスクール)東京足立校についてお話しいたしました。

豊富なコースがあったりスキルを磨くための重点的なアフターサポートがあるスクールと言えます。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

これからもドローンに関する記事を配信していきますので、よろしければそちらも合わせてご覧いただければ幸いです。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

おわりに

「職業」としてのドローンパイロットの今後とドローンマーケットを研究している私がドローンスクールを

  • 受講形式
  • アフターサポート
  • 認定資格
  • 費用

という観点からおすすめ順にランキング形式で纏めました。

参考になると思いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

-ドローンスクール

© 2022 ドロシル