ボロコプター

ドローンパイロット(操縦士)の仕事

【ドローン仕事紹介!!】あなたもドローンレーサーになれます!!

今回は、ドローンのお仕事紹介ということで『ドローンレーサー』について説明していきたいと思います。

まず、ドローンレーサーについての概要をお伝えし、必要な資格、ドローンレースについて、ドローンレースに使用するドローン機体紹介などなど、様々な側面からお伝えしていきたいと思います。

 

ドローンレーサーとは

まず初めに、ドローンレーサーとは何かについて説明していきたいと思います。

ドローンレーサーという職業は、ドローンレースに競技者として参戦して賞金を稼ぐパイロットのことです。

そもそもドローンレースとは、高速度でドローンを操縦し一定のコースを飛行させる競技です。

ジャンルとしては「Eスポーツ」「モータースポーツ」という従来のモータースポーツ×デジタルのくくりと言えるでしょう。

ドローンレーサーは、100km/h以上もの猛スピードで障害物などを避けながら正確にドローンを飛行させるテクニックを競います。

ドローンには機体にカメラが搭載されており、そのカメラで映した映像を、パイロットの手元にあるスマホなどの画面にリアルタイムで表示させることができます。

そのため、まるで自分が飛んでいるような感覚で操作できるんですね。

このような鳥の視点で操作されるような機能を「FPV」と呼ばれます。

「FPV」とは、「First Peson View」の略で、要は「一人称視点」を意味します。

すでに多くのパイロットがいるドローンレース市場ですが、これからメディアと力を合わせてより大規模なものになってくることが予想されます。

まさに、最先端テクノロジーを駆使した今熱いスポーツと言えるでしょう。

 

ドローンレースについて

FAI World Drone Racing Championships

ここでは、ドローンレースについて説明していきたいと思います。

ドローンレースとは、高速度でドローンを操縦し一定のコースを飛行させる競技です。

その魅力としては、未来感のある全体感と敏腕操縦士(パイロット)が織りなすスピード感とスリル満載のレース展開と言えるでしょう。

マイナーかのように思われますが、実はドローンレースの大会は世界中で行われているんです。

中には、1大会の賞金総額が一億円を超えるようなものもあるようですね。

その起源としては、2014年のフランスにあると言われています。

フランス内のドローン操縦が大好きなパイロットたちが集い、森の中でレースを行ったことがきっかけのようですね。

ドローンレースと言っても、大きくジャンルはふたつあり、初心者向けの『目視ドローンレース』と、上級者向けの『FPVレース』があります。

最近では、女性や小学生や中学生のプロパイロットも現れるくらい、老若男女全員が楽しめるスポーツです。

以下では、日本と世界のドローンレースを紹介させていただきます。

 

日本と世界のドローンレース

日本① JDRA(一般社団法人日本ドローンレース協会) JDRAはドローンレース公式ガイドブックを策定した団体として有名なんですね。ドローンレースのルール自体も、非常に法律や安全基準に則っているもので、これまで「JAPAN DRONE NATIONALS」「全国ドローンレース選手権」「NINJA DRONE 忍」など、全国各地でレースを開催している団体です。
日本② JDL(一般社団法人ジャパンドローンリーグ) JDRA同様ドドローンレースの運営や支援を行っている団体です。年間を通して数多くのレースを主催しており、特殊なルールとしては練習と本戦の日が設けられている点があります。獲得したポイントをもとに、『オープンクラス』『エキスパートクラス』『プロクラス』とランク分けされていく大会なんですね。
世界① FAI World Drone Racing Championships FAI World Drone Racing Championshipsを紹介いたします。この大会を取り仕切るFAIは、スイスに本部を置く国際航空連盟で、2018年に第1回大会がありました。そこには世界最速と言われる韓国など34カ国の127名のパイロットが中国深センに集結し、優勝賞金は約260万円をかけて争ったんですね。もちろん、日本チームもエントリーをしており大健闘ながらも予選敗退だったようです。この際の優勝チームはオーストラリアのチームだったみたいですね。このように『ドローンレースは』世界中のドローンレーサーが集い、写真からもわかるくらい華やかなフィールドで競い合っている競技なんです

 

 

ドローンレーサーに必要な資格

ドローン 技能認定証イラスト

ここでは、ドローンレーサーに必要な資格などについて説明していきたいと思います。

結論、『アマチュア無線4級』という資格が必要です。

先ほど説明したFPVの際にはドローンからの映像をゴーグルに送受信する時に特殊な電波を扱う必要があります。

通常のドローンであれば2.4Ghz帯:免許が不要な電波帯)を使用しますが、FPVでは5.8GHz帯(免許が必要な電波帯)も使用するんですね。

アマチュア無線4級は、5.8GHz帯の無線電波を発するドローンを操縦するにあたり必ず取得しなければならない国家資格です。

正式名を「第四級アマチュア無線技士」といい、略して四アマと呼ばれることもあるそうですね。

この資格を得るには、「国家試験を受験する方法」と「養成課程講習会を受講する方法」の2つがあります。

試験の場合は試験手数料が4,950円ほどかかります。(※4級の場合)

一方の養成講座・講習会では、受講料は1〜2万円程度が目安と言っていいでしょう。

また、200g以上のFPVレース用ドローンに関しては、事前の飛行承認申請が必要になるのでこちらも注意しましょう。

 

ドローンレースに使用するドローン機体について

ここでは、ドローンレースにお使用される機体について説明していきたいと思います。

実は、ドローンレースは現在ルールの統一がされておらず、大会やレースごとに必要な機体は様々なんですね。

初心者のレースであれば、ネットでそのまま購入できるようなもので出場できることも多いです。

しかし、多くプロのドローンレーサーは、より強力なモーターを使用しより軽量で空気抵抗の少ない機体を自作する場合がほとんどなんですね。

また、操縦するプロポやFPVゴーグルにもこだわる人は多くプロポでは1万円から10万円まで、FPVゴーグルに関しては価格が4000円くらいから6万円近くするものまでたくさん種類があります。

高いものはそれだけ操作性に良い影響をもたらしますが、安価なものでも質の高いものはたくさんあります。

何より、自分にあったものを選択することが大事でしょう。

 

最後に

いかがだったでしょうか。

今回は、今後伸びること間違いなしの『ドローンレーサー』という職業について紹介を行いました。

ドローンレーサーという職業はまさに最先端テクノロジーを駆使した今熱いスポーツと言えます。

是非ともこのような情報をドローンを使用したキャリアアップに役立ててください。

これからも、ドローンに関するお役立ち情報を発信していきます。

来年度から改正される法律で、ドローン免許の国家資格化が閣議決定いたしました。

それに合わせて、ドローン操縦スキルを磨きたいという方が増えています。

これからも、ドローンに関する最新情報や技術紹介を行なっていきますので、ぜひご覧いただければと思います。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

おわりに

「職業」としてのドローンパイロットの今後とドローンマーケットを研究している私がドローンスクールを

  • 受講形式
  • アフターサポート
  • 認定資格
  • 費用

という観点からおすすめ順にランキング形式で纏めました。

参考になると思いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

-ドローンパイロット(操縦士)の仕事

© 2021 ドロシル