DBS

ドローンスクール

ドローンビジネススクール東京校(DBS)について、ドローン操縦士(パイロット)の私が徹底解説!!

こんにちは。

日中はもう暑いくらいになってきましたね〜。

今年の春はドローンで撮影した桜をみながらお花見をしようと思っているドローン操縦士(パイロット)のドロ助です(笑)

 

今回は、ドローンビジネススクール東京校(DBS)さんについてお話しできればなと思います。

たくさんドローンスクールがある中で、どのような違いがあるのかとお思いの方もいらっしゃると思うので、是非参考にしてみてください!

 

ドロ助
それではさっそく見ていこう!

 

ドローンビジネススクール東京校(DBS)とは?

ドローンビジネススクール東京校、通称DBS東京校は、東京都江戸川区にあるドローンスクールです。

このスクールを一言でいうと『ドローン操縦士資格が素早く取得でき、卒業後も手厚いサポートがある国内最大級のスクール』といったところでしょうか。

国内受講生数No. 1の実績があるこのスクールでは、最短2日で国土交通省認定資格が手に入るだけでなく、資格取得後の就活までサポートしているんですね〜。

 

この国土交通省認定資格というのは、先日もお伝えした定評あるDPA(ディーパ)が発行しているものですね。(※DPA(ディーパ)について詳しく知りたいという方はこちらからどうぞ〜。)

 

参考DPA(ディーパ)とは?ドローンパイロット(操縦士)の私が徹底解説します!

どーもどーも! ドローン操縦士としてぬくぬく生活しておりますドロ助と申します! 最近はもっぱら家に引きこもっていますが、ニュース番組でも『ドローン』という言葉を耳にする機会が増えてきましたね。 皆さん ...

続きを見る

 

つまり、実践ベースで学べるカリキュラムに加え、ビジネス展開を意識した手厚いサポートもあるので、趣味では終わらせないドローン技術が身に付くそんなスクールといえます!

運営は、ドローンを使ったビジネスを展開しているSkyestate(スカイエステート)株式会社だけあって、腕利き揃いの実績あるパイロット達が揃っているようです。

そんな魅力あふれるドローンビジネススクール東京校(DBS)さんの詳しい内容や、申し込みについてはこれから説明いたしますね!

 

 

その魅力はズバリ?

ドローンビジネススクール東京校(DBS)さんの魅力は、冒頭部で説明した点も含めて大きく6つあります。

それぞれ、これからスクールを検討している人にとって欠かせない要素だと思うので、しっかりと注目してみてくださいね〜。

 

卒業後のサポート

まずは、『卒業後のサポートの手厚さ』が魅力です。

ドローンビジネススクール東京校(DBS)さんでは、卒業後の練習場利用が無料なのに加えて、動画編集の講座、ドローン測量のソフト説明会、赤外線ドローン勉強会、バーべキュー交流会など、様々なイベントやサービスが卒業後もあります。

また、それだけではなく、新規事業立ち上げ支援であったり、各種申請のお手伝い、新しい機体の購入相談等、資格取得だけでは終わらない関係性が持てるんですね〜。

何より、資格をとって初めて様々なことに挑戦できるわけですから、その後のサポートはスクール選びの大事な一要素になりますよね。

 

豊富な経験を持つインストラクターによる完全個別指導

続いては、講義スタイルについての魅力です。

ドローンビジネススクール東京校(DBS)さんでは、実践型の講義を豊富な経験を持つインストラクターが完全個別指導を行なっています。

ドローンビジネスを扱うスカイエステート 株式会社さんが運営しているだけあって、そうフライト時間が2000時間を超える豊富な経験を持つ各インストラクターなので、ちょっとした質問から、高度な技術についても気軽かつ何度でも質問することができるんです。

他のスクールさんが、講師1人につき5人なのに対して、マンツーマンで指導が受けられるのは、技術習得の質にも関わってきますので、とても大切なポイントなのではないかと思います。

 

2日で資格が取れる

続いては、資格取得日数の魅力です。

ドローンビジネススクール東京校(DBS)さんでは、ドローンに一切触れたことが無いような初心者の方でも、『たった2日間で飛ばせるようになる』ということを魅力としています。

先ほど言及した完全個別指導による質の高い授業によって、プロの操縦士を目指すための基礎技術でさえも最短2日で習得可能なのはすごいことですよね。

また、実技講習に必要とされる各種ドローンの貸し出しも無料なので、ご自身で準備する必要もないんですね。

まさに、手ぶらな状態で、気軽に通い始めることができるといえます!

 

資格を生かした就活までサポート

なんと、ドローンビジネススクール東京校(DBS)さんでは卒業後の更なるサポートとして、副業・転職支援もしているんですね。

運営会社であるスカイエステート株式会社が作成した「SORAeMON」というアプリでのマッチングサービスも展開しているみたいです。

このアプリでは、スクールで取得した資格をビジネスにつなげることを目的に作られていて、空撮のお仕事から、点検、壁面調査など、操縦士と操縦士に合った案件が見つかるプラットフォームになっているみたいです!

このスクール以外の方でも登録可能なので、是非チェックしてみてください!

SORAeMONアプリはこちら

 

都内最大級の練習場が使い放題

卒業後のサポートの場でも申し上げた通り、DBS東京校で使用できる練習場は卒業後使い放題でした。

しかし驚くべきはその大きさとスペックです。

実は、この練習場は都内最大級のもので、屋内のため天候にも左右されないんですね〜。

そして、このスクールを卒業した生徒専用のコートもあるため、卒業後でも天候や他の生徒さんを気にせず気軽に練習ができるんです。

そこでは、経験豊富なスタッフへの質問もできるため、受講時には感じられなかった一段と高いレベルの質問が生まれた後も、気軽に相談できるのは嬉しいですよね。

 

国土交通省認定DPA(ディーパ)のカリキュラムを採用

ドローンビジネススクール東京校(DBS)さんのカリキュラムは、DPA(ディーパ)のものを採用しています。

これは、国土交通省が認定した資格・カリキュラムで、その技能認定証では、国土交通省航空局からの技術認定の9項目中、9項目全部が網羅されているんです。

他のドローン協会では、網羅されていないスクールもあるため、実践による技術だけでなく、こうした規則関係の学習もしっかりできるのは魅力的ですよね。

ドローンを使ったビジネスに応用を考えている方、ドローンの使用率が高い方は安心して受講することができるスクールです!

 

ドロ助
充実したサポート体制があるんだね!

 

どんなコースがあるの?料金は?

様々な魅力がある、ドローンビジネススクール東京校(DBS)ですが、実際開講されているコースはどのようなものがあり、それぞれいくらなのでしょうか。

大きく4つにわけてコース展開されているので、順にコースの説明、料金の紹介をしますね。

 

オープンコース

オープンコースは、ドローンを全く扱ったことが無い初心者の方にむけた2日間の基礎操縦コースになります。

具体的には、ドローン操縦経験が10時間より少ない方を対象にしたコースなんですね。

このコースでは、ドローン操縦のの基礎的な方法を学ぶ実践学習をベースに、ドローンを安心・安全に操縦するための知識を身に着ける基礎講座がカリキュラムに含まれています。

価格は120,000円(税別)で、全2日間のコースになります。

 

内容の詳細は公式HPより以下のとおりです。

ドローン基礎講座:着陸、ホバリング、前後移動などの基礎操縦、円移動、四角移動など、ドローン操縦士に必要な25種類の技能習得を目指す。

 

なお、これらの実技講習に必要になる各種ドローンは無料で貸し出ししているので、購入する必要はありません。

さらに、このオープンコースに合格した方は、操縦経験10時間未満の方でも「アドバンスコース」を受講することが可能となります。

 

D-3PO
これからドローンを始めたい人におすすめだ!

 

アドバンスコース

アドバンスコースは実務的な技術とノウハウに重きをおいたコースです。

対象は、操縦経験10時間以上の方で、ドローン操縦士協会(DPA)の認定資格「ドローン操縦士回転翼三級」の取得取得を目指すコースになっています。

講習内容としては、カメラ付きドローンでの撮影、各方向四角移動、斜め下降、進行方向四角移動、水平旋回などなど、産業用ドローン操縦士(パイロット)に必要な20種類の技能を2日間で習得可能です。

価格は、二日間で200,000円(税別)で、こちらもドローンの貸し出しが無料となっています。

 

マイクロドローンコース

このマイクロドローンでは、マイクロドローンの操縦を学べるコースで、内容に応じて2種類あります。

1つ目が、1日間:70,000円(税別)のコースです。

このコースでは、目視によるドローン操縦を行う基礎的な内容になっています。

具体的には、マイクロドローンの原理、設定、前後左右の飛行など、目視飛行の基礎を1日で習得することが可能です。

2つ目が、2日間:130,000円(税別)のコースです。

1つ目の目視とは異なり、FPVを使った操縦が含まれるコースになっています。

FPVとは『First Person View』の略称で、一人称視点を指します。

ゴーグルを用いて実際に自分が飛んでいるような視点になるんですね。

このコースでは、そのようなFPV飛行を始め、Betaflight設定、プロポコントローラーの設定、Belheli設定などを2日間で習得することが可能です。

 

スキルアップコース

最後にスキルアップコースの紹介です。

このコースでは、各種コースの補習・復習が可能なコースになります。

自身の技術ベースに合わせて、苦手とする操縦、または覚えたいテクニックなどがある場合に有効なコースになっていて、基礎から専門まで更なる操縦技術の向上を目的としています。

こちらでも、実技講習に必要な各種ドローンは無料で貸し出し可能です。

価格は、1日:10,000円(税別)となっております。

 

ドロ助
自分にあったコースを選んでね!

 

入会方法は?

さて、魅力がたくさんあるドローンビジネススクール東京校ですが、その入会方法はどのようなものなのでしょうか?

手続き自体は公式HPにも記載がありますが、あえてこの場でも説明しておきたいと思います。

 

まず、申込や相談ごとに関しては、『WEBと電話』にて対応しているそうです。

WEBでは1分で申し込める年中無休の説明会が予約でき、電話は平日の10:00〜20:00で対応可能とのことです。

その後いくつかあるコースのうち自分にあったもの選択し、本申込という形になるようですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ドローンビジネススクール東京校さんについてご紹介させていただきました。

冒頭で述べさせていただいたように、ドローンビジネススクール東京校(DBS)さんは『ドローン操縦士資格が素早く取得でき、卒業後も手厚いサポートがある国内最大級のスクール』ということがわかったと思います。

卒業後の手厚いサポートの中にあった、ドローンパイロットの派遣に特化したCtoCマッチングアプリ「SORAeMON」を運営している点は他のスクールには無い特徴だといえましょう!

ドローンスクールで悩まれている皆さん。ドローンをビジネスに活用していきたいと考えているパイロットの方々、ぜひ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

それでは、また次のブログで〜。

おわりに

「職業」としてのドローンパイロットの今後とドローンマーケットを研究している私がドローンスクールを

  • 受講形式
  • アフターサポート
  • 認定資格
  • 費用

という観点からおすすめ順にランキング形式で纏めました。

参考になると思いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

-ドローンスクール

© 2021 ドロシル