空飛ぶクルマ

ドローンマーケット

「空飛ぶクルマ」の登場!!日本における『次世代モビリティ』についてご紹介致します!

今回は、ドローンも関連する次世代モビリティである「空飛ぶクルマ」についてご紹介したいと思います。

まずは、こちらの記事をご覧ください。

 

『JAL「空飛ぶクルマ」で旅客輸送 25年度に事業化:日本経済新聞』

日本航空(JAL)は2025年度に「空飛ぶクルマ」を使った事業に乗り出す。三重県などで空港と観光地を結ぶ旅客輸送サービスを始める。ANAホールディングス(HD)も25年度に同様のサービスへの参入を検討している。空の移動が身近になれば道路渋滞の緩和や過疎地の交通対策にも役立つ。海外でも実用化競争が進んでおり、新ビジネスに見合うルール整備が課題となる。

※参考:2021 7/9 日本経済新聞『JAL「空飛ぶクルマ」で旅客輸送 25年度に事業化:日本経済新聞』より

上記の記事からも、わかる通り、現在日本では「空飛ぶクルマ」事業の実現が急ピッチで進められています。

国家的インフラである日本航空(JAL)も、その新ビジネスに参画していることがその証拠と言えるでしょう。

今回は、そんな「空飛ぶクルマ」を中心としたネクストモビリティについて言及し、その概要、事業内容、課題、国内事業、海外事業、今後の展望についてお伝えできればと考えています。

 

次世代モビリティ:「空飛ぶクルマ」について

空飛ぶクルマ

ここでは、『空飛ぶクルマ』の説明をしていきたいと思います。

『空飛ぶクルマ』とは一体どんなものなのでしょうか。

SFなどで描かれる『空飛ぶクルマ』は、上の写真の様な機体が多いと思います。

しかし現在、実際に開発が検討されているのは、ドローン機体の様な複数のプロペラを積載したものです。(※以下写真です。)

 

ボロコプター

冒頭で紹介した日本航空(JAL)が実際に研究しているものも、上記の写真の様なeVTOL(電動垂直離着陸機)と呼ばれる2人乗りのドローン型の機体です。

機体を実際に開発したのは、日本航空(JAL)が2020年に出資したドイツの「ボロコプター」というスタートアップです。

この機体の動力源はリチウムイオン電池で、最高時速は110キロも出るそうです。

日本での実験では、三重県で実証実験が行われた様です。

 

「空飛ぶクルマ」の事業内容

ドローン タクシー Ehang

ここでは、『空飛ぶクルマ』の事業内容についてご紹介致します。

空飛ぶクルマの効用として期待されているのは中距離間における「ヒト・モノ」の移動です。

人命を運ぶ機体として製作されている空飛ぶクルマですが、まずは、人命ではなく貨物を乗せる輸送事業に取り組むことが述べられています。

そこでの、安全性のデータや、それを踏まえた機会技術制度の発展により、将来的にタクシーとしての利用も将来的に検討されいるのでしょう。

最終的には、その事業内容として、中距離な位置関係にある都市間を繋ぐインフラ設備として実現していく様です。

 

国内事業例

スクリーンショット-2021-05-19-12.26.50.png

ここでは、『空飛ぶクルマ』の国内事業例についてご紹介いたします。

 

Sky Drive

Sky Driveは、2020年8月25日に「SD-03」の有人飛行の公開試験を行ったことで有名な日本の無人航空機開発ベンチャー企業です。

期限は、2012年で、有志団体CARTIVARORとして発足しました。

拠点は、開発拠点でもある愛知県の豊田で、敷地面積は約1万㎡のなか冒頭でもお伝えした一人乗りの「SD-03」が公開されたところです。

その革新的技術から世界中に注目されているため、まさに日本が誇る世界的ベンチャー企業と言えるでしょう。

 

テトラ・アビエーション

テトラ・アビエーション株式会社は、2018年の6月に発足された会社で、あの東京大学が発祥元として有名な会社です。

「町と町をつなぐような空飛ぶクルマを開発する。誰でも簡単に移動できるような世界を実現したい」という代表者の提言通り、2021年の7月には、米国で空飛ぶクルマの予約販売を開始しました。

また、その実現にあたり7月7日に南相馬市と連携協定を締結し、2022年度に購入者へ機体を引き渡す狙いとのことです。

以下、参考資料です。

 

テトラ・アビエーション:南相馬市と空飛ぶクルマ(eVTOL)の開発に向けて連携協定

テトラ・アビエーション株式会社は7月7日に南相馬市と空飛ぶクルマ(eVTOL)の開発に向けて連携協定を締結したことを発表した。

連携協定により、引き続き福島ロボットテストフィールドでの試験飛行や2025年大阪万博、2030年以降エアモビリティでの移動が始まる時期に次世代のエンジニアの育成として南相馬市との連携をさらに高めていく。また、新機種Mk-5(マークファイブ)のイメージ画像と模型も公開した。

ロボスタHPより

 

「空飛ぶクルマ」の課題

課題

続いて、『空飛ぶクルマ』の課題について説明したいと思います。

近年劇的に成長を遂げている『空飛ぶクルマ』ですが、法整備や技術面などまだまだ課題は山積みといえるでしょう。

ここでは、今後解決すべき課題を『法律、安全、技術』の大きく三つに分けてご紹介いたします。

 

法律 安全 技術
まず初めに、法律についての課題です。『空飛ぶクルマ』を実現するにあたって、安全性などの観点から法律や飛行ルールを整える必要性があります。現在日本においても航空法改正がなされていますが、それは主にモノの物流にフォーカスした法整備なんですね。『空飛ぶクルマ』の実用化にあたり、人を乗せての移動が必要になるので、モノを運ぶ物流よりも多くのリスクを伴うことが予想できます。このことから、新しい空のインフラ整備には政府や国が一体となって進めていく必要性があります。 次に、安全です。法律やルールも安全に帰依する目的で定められていますが、ドローン機体自体の安全性があってこその規則です。ただでさえリスクの大きい空での移動に関して、十分な安全基準を設ける必要があります。手軽に利用できることを目的としてるだけあり、リスクヘッジとのバランスが難しいのが現状です。実際に『空飛ぶクルマ』の試作機は様々開発されていますが、一台あたりのコストがかなり高いのも事実です。大量生産×安全規格を実現するためには、より時間が必要だと言えます。  

最後に技術性での課題です。技術課題として、『バッテリー』があります。通常、電気自動車(EV)にはリチウムイオンバッテリーが使用されていますが、これは『空飛ぶクルマ』には重すぎるというデメリットがあるんです。さらに、エネルギー密度の点では限界に近づいていると多くの専門家が述べています。今後はバッテリーと合わせてそれ以外の解決策を模索する必要があります。逆にこの困難を乗り越えればドローン業界だけでなくあらゆる産業で技術革新がもたらされるでしょう。

 

 

今後の展望

選択肢

ここでは、『空飛ぶクルマ』における今後の展望についてご紹介していきたいと思います。

近い将来に実用化が検討されている『空飛ぶクルマ』の市場はどうなっていくのでしょうか。

まずは、前項目で紹介した三つの課題解決が先行されるでしょう。

交通インフラとは、国の発展に大きく関わる一方、国民への被害が出た際は大きな責任が伴うものです。

そのために、誰もが安心して使える状態にするためには先ほど紹介したような項目の解消が急がれるべきでしょう。

世界的に見て、日本の「空飛ぶクルマ」というネクストモビリティはビハインドにあります。

しかし、導入が確固たるものになれば、日本は空飛ぶクルマの強みである「機動性」の恩恵を最大限に受け取ることができます。

都市内を簡単に移動できることで、交通渋滞の解消につながり、交通手段に乏しい過疎地の移動問題の克服にも貢献するからです。

大手コンサルティングファームである「米モルガン・スタンレー」は、2040年までに世界の空飛ぶクルマの市場規模が1兆5千億ドル(約165兆円)に成長すると予測しています。

そこからも、分かるとおりまず国がこの活動を後押しし、世界にまだない技術を開発すれば、自国の発展に寄与するだけでなく、世界市場でも優位性が担保されるでしょう。

まさに、『空飛ぶクルマ』の開発は日本経済を牽引する可能性を秘めていると言えます。

 

最後に

いかがだったでしょうか。

今回は、『空飛ぶクルマ』についてご紹介致しました。

空を自由に飛び回るというSFの様な世界がもう目の前に迫っていると思うと、今からワクワクしますよね。

これからも、ドローンにまつわる記事を配信いたしますので、ぜひそちらもご覧いただければ幸いです。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

おわりに

「職業」としてのドローンパイロットの今後とドローンマーケットを研究している私がドローンスクールを

  • 受講形式
  • アフターサポート
  • 認定資格
  • 費用

という観点からおすすめ順にランキング形式で纏めました。

参考になると思いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

-ドローンマーケット

© 2022 ドロシル