ドローンマーケット

今後間違いなく伸びるドローン業界、ドローンマーケットの今後の展望を徹底解説!

2014年アマゾンがドローンを使った宅配サービスを検討していると発表してから世界中で注目を浴びている新しい産業「ドローンマーケット」。

正直耳にはしたことがあるけれども

「具体的に何が起こっているか?」

「ドローンを使って何ができるのか?」

「一体どんな職業がドローンによって生まれるのか?」

 

明確に説明できる人はマイノリティなのではないでしょうか?

かの有名な調査会社「矢野経済」は以下のような展望をしめしています。

矢野経済研究所は2020年2月20日、世界のドローン市場の調査結果を発表したのですが、軍事用や民生用のドローンに加え、ドローンシステムについて以下の見解を持っています。

2018年のドローン世界市場規模は、軍用用と民間用を合わせて約1.6兆円に達するまで成長を遂げました。

彼らは、2020年から2025年の5年間にかけて毎年の年間成長率は8.3%と予測していますので、かなりの成長産業と言えます。

 

そもそもドローンとは

「ドローン」の語義のひとつに、この種の無人航空機のことを指す用法がある。オックスフォード英語辞典第2版では「drone」の、語義のひとつとして「a pilotless aircraft or missile directed by remote control.(遠隔操作で指向され、操縦手の搭乗しない航空機ないし飛翔体)」としており、そこに挙げられている用例としては1946年のものが最も古い[8]。しかし、2018年現在の英語圏では特に無線操縦機と区別して、自律性を持つ機体をドローンと呼んでいる場合もある[9][10]。                        出典:Wikipedia

 

つまりドローンは、『人が搭乗せずに遠隔ないしは自動で操作される飛行機体』というのが定義になります。

実は日本はドローンと非常に縁が深い国です。

民間でのドローン実用化は、1987年日本のヤマハが実現しました。

当時、有人ヘリコプターで行うことが当たり前であった農薬散布を、無人かつ遠隔操作で実施するためにドローンが開発されたそうです。

技術の発展に伴い、軽量バッテリーの開発などもあり、世界各国でドローン開発の研究は進み始め、2010年頃広まり始めました。

そして、中国にあるDJI社が、高性能カメラを搭載し空撮可能な今までにないドローンも開発に成功し、爆発的に広まりました。

その結果、ビジネスシーンにおいてもドローンが本格活用されるようになっていきます。

では、実際ドローン産業とはどういったものがあるのでしょうか?

『物流』

『エンターテイメント』

『マーケティング・広報』

『警備』

『医療』

『災害対応』

『インフラ整備』

『測量』

『農林水産業』

といった多くの業種でドローンは活用されており間違いなく伸びていく産業であると言えます。

2020年の世界の商業用ドローン市場は、エネルギーが最大産業であると言われています。

また、2025年までその傾向が継続すると予測されています。

ドローン市場のトップ産業は導入の容易さから、農業や建設業がエネルギー産業にに続き第2位です。

しかしながら、運輸部門の成長に伴い、2025年までにはドローン市場内で2番目の産業になると予想されています。

この業種には旅客や貨物物品の保管、インフラの点検やメンテナンスなどの輸送関連の支援活動を提供する産業が含まれていること。

また、先進国においてドローンを活用した輸送、配送サービスの許認可が始まると見られていることが理由だとされています。

 

なぜドローン産業は拡大するのか。

では、なぜ多くの産業がドローンを導入しているのでしょうか?

結論から言いますと、ドローン導入は、市場課題の解決に直結しているからです。

例をあげますと、『ドローンビジネス調査報告書2020』では、2016年度~2020年度で最たる成長を遂げたのは、インフラストラクチャーや点検と述べています。

この分野は、危険な作業が多く、遠隔操作、無人で実行できるドローンは、安全性が高く導入が進んでおります。

また、測量や建築、土木系の産業は、人員不足や人件費高騰が重要課題の一つであるため、ドローンの積極的導入によって解消したいというニーズとマッチしているためです。

上記のように、元来は、人の手で実施していた業務をドローンが受け持つことで、労働人材の解消、効率化が進み、コスト減も期待できます。

さらに、ドローン導入により往年の課題が解消されことにより、効率化は進み、生まれた余剰時間や人員により、新しい事業やサービスが開発される可能性もあります。

現状、ドローンを導入している分野は、法規制の影響をあまり受けず、需要が分かりやすく、容易な分野でありました。

今後は、規制緩和や市場拡大が予測されていることから、多分野でドローン活用が検討されていくことは想像するに容易いです。

一方でドローン導入・活用には多くの課題があります。

・導入後、成果が出るまでに一定の時間がかかるケースもある

・機材の購入やドローン使用の人材育成に初期コストがかかる

といったことから、有用性は認識しているものの導入を躊躇する企業も少なくありません。

しかしながら、初期投資は必須なものの、長期的視点では、ドローン導入の費用対効果は高いと判断する企業や自治体は増えつつあります。

 

日本のドローンマーケット

 

先程、日本は意外にもドローンとの縁が深いと言いました。

そんな我が国においても政府が主導となり、ドローンの利活用について、制度設計や研究が進んでいます。

経済産業省は、『空の産業革命に向けたロードマップ』を示しています。

2022年度を目標に、現行で認めていない 「有人地帯における補助者なし目視外飛行」(レベル4)を実現すべく、環境整備が進んでいます。

このレベル4が実現することで私たちの生活はどのように変わっていくのでしょうか?

物流では、都市を含む地域への荷物配送が可能になります。

警備では、広域、有人地域といった市街地におけるドローンを利用した警備が可能になります。

また、有人地域での飛行が可能になることで新たな事業やサービスが開発される可能性も高いです。

このように近未来的な事業やサービスが拡大される可能性が高い一方で、ドローンを前提とした社会の実現のために制度整備も進んでいます。

国土交通省は、レベル4の実現に向け、より厳格にドローンの飛行の安全性を担保するため、

・ 機体の安全性に関する認証制度(機体認証)

・ 操縦者の技能に関する証明制度(操縦ライセンス) を創設。

○ また、無人航空機に係る事故の防止及び状況把握のため、運航管理のルール等を法令等で明確化。

とする方向性を示しています。

さらに、『操縦ラインセンス』の運用については、

  • 国の指定を受けた民間試験機関による試験事務の実施が可能
  • 国の登録を受けた民間講習団体が実施する講習を修了した場合は試験の一部または全部を免除

とあります。

国の登録を受けた民間講習団体が実施する講習を修了した場合とありますので、パイロット育成は、現状のドローンスクールがその一翼を担っていく可能性が高いです。

現状の民間ライセンス等が、今後どのようになるかは、方向性を見守っていく必要がありますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ドローンマーケット、ドローン産業にはどういったものがあるのか。

今後どういった事業やサービスが生まれるのか。

日本のドローンマーケットはどのように変容していくかについて紹介させていただきました。

上記からも分かる通り、日本のドローンマーケットは発展途上であり、これから成長していくことは間違いないといえるでしょう。

また、ライセンス整備といったことから、個人の技術の必要性が高まることも間違いないといえます。

これからもドローンに関する記事を更新していきますので、是非チェックしてみてください。

それではまた。

おわりに

「職業」としてのドローンパイロットの今後とドローンマーケットを研究している私がドローンスクールを

  • 受講形式
  • アフターサポート
  • 認定資格
  • 費用

という観点からおすすめ順にランキング形式で纏めました。

参考になると思いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

-ドローンマーケット

© 2021 ドロシル