ロボティックアカデミー

ドローンスクール

JUIDA(ジュイダ)認定スクール第一号!『ロボティクスアカデミー』の体験会に行ってみた!

今回は、株式会社デジタルハリウッドが運営している『ロボティクスアカデミー』についてお話ししたいと思います。

まずはそのスクール概要からお話ししアクセスや体験講習内容、コース紹介、資格などなど様々な角度からお伝えできればと考えているのでぜひ最後までご覧ください。

 

スクール概要

ロボティクスアカデミー

まず初めにスクールの概要についてお話しいたします。

デジタルハリウッドロボティクスアカデミーは、2015年の11月に開校したドローンスクールです。

デジタルハリウッド株式会社によって運営管理されていてる歴史あるドローンスクールなんですね。

題名にもある通り、このスクールはJUIDA(ジュイダ)認定スクールの第一号とのこと。

定められたカリキュラムを終了すると国土交通省認定の認定証を受け取ることができます。

後ほど紹介いたしますが、コースは全部で二つあります。

一つ目が、ドローン専攻です。

ここではこのスクールの本題である無人航空機の操縦や扱いを習います。

二つ目は、サービスロボティクス専攻です。

このコースでは、サービス業で使用されるサービスロボットの扱いを学べます。

このロボティクスアカデミーの特徴としては、大学や大学院の運営もしているデジタルハリウッドの他の事業で培った教育ノウハウを活かしたスクール運営をしているんですね。

 

アクセス

アクセス

続いて、アクセスについてお話ししていきたいと思います。

ロボティクスアカデミーには大きくイントロダクションを受けたり座学を受講する本校と、実技や試験を行う八王子校があります。

まず、最初日に本校のアクセスです。

御茶ノ水 ソラシティ

ロボティクスアカデミー本校は、御茶ノ水のソラシティの内部にあります。

新御茶ノ水、御茶ノ水駅からそれぞれ徒歩1〜2分圏内にあり、非常に好立地と言えます。

スクールは、御茶ノ水空シティアカデミアの内部で、デジタルハリウッド大学・大学院のフロアがある4階にあります。

内観はとても綺麗で、ハイテクかつオシャレな空間が広がっていました。

デジタルハリウッド 内観

※参考画像

体験講習会の開催予定時刻の少し前に到着し、入り口にあるタブレットを使用し担当の方にお会いすることができる仕組みになっています。

この仕組みが少し複雑なので、わからない際は近くのスタッフらしき人に尋ねると良いでしょう。

 

さて続いて、実技をメインで行う八王子校のアクセスについてです。

住所は、東京都八王子市松が谷1番地で最寄り駅は多摩都市モノレールの松が谷駅、駅から徒歩1分の所にあります。

京王線を使用されるかたは京王多摩センター駅、小田急線を使用される方は小田急多摩センター駅から徒歩10分の場所に位置しています。

松が谷駅

駅から歩くこと1分、廃校になった小学校をそのまま利用しているデジタルハリウッド大学の八王子キャンパスがあります。

その体育館の中で、実技の練習が行えるみたいですね。

デジタルハリウッド大学 八王子校

いずれにせよ、御茶ノ水の校舎も八王子の校舎も最寄りから徒歩1分圏内ということで非常に好立地と言えます。

 

体験講習内容

体験講習会の内容は大きく二つあります。

 

スクール紹介

まず一つ目は、『スクール紹介』です。

正面にデスクトップが置かれた机の前で、スタッフの方一名、参加者一名といった形でスクール紹介をしていただきました。

まず初めに、簡単なアンケートの記入から入り、その内容を元に会話ベースでスクール紹介に入っていくようなイントロダクションでした。

続いて、ドローン資格需要について規則の面や申請面から紹介いただき、実際に使用されるドローンも目の前に持ってきていただきました。(※操縦はさせてもらえませんでしたが)

合わせて、カリキュラムの説明を受けながら最後に入会案内がされます。

概ね、ロボティクスアカデミーの特徴として、月別入会制度というものがあり4月生や5月生、6月生といった分け方がされるようです。

後ほど詳しいカリキュラム内容の説明がありますが、基本的に土日でのスクール開校になっているので月別入会制度を採用してい流みたいですね。

 

スクール内見学

二つ目は、『スクール内見学』です。

説明会終了後、ロボティクスアカデミーがあるハリウッドの大学校舎内を案内していただきました

デジタルハリウッド

施設利用者は、大学図書館、カフェテリアなどが無料で利用できるそうで、図書館もカフェテリアも非常に綺麗でおしゃれな空間でした。

デジタルハリウッド

上記のスペースは作業部屋です。

どうやら、大学生が主に利用するこちらのスペースもドローンスクールの生徒であれば修理やカスタマイズの為に使用していいとのこと。

スクールの内容だけでなく、充実した施設があるのは非常に好印象でした。

 

取得できる資格について

JUIDA ジュイダ

デジタルハリウッドロボティクスアカデミーでは、JUIDA(ジュイダ)が発行している二つの資格を取得できます。

そのJUIDA(ジュイダ)とは、一般社団法人日本UAS産業振興協議会のことです。

JUIDA(ジュイダ)こと一般社団法人日本UAS産業振興協議会は、ドローンなどの無人航空機に関する産業を日本の様々な分野で促進させていくために立ち上がった協議会なんですね。

さらに詳しい内容についてはこちらのブログをご覧ください〜。

 

参考JUIDA(ジュイダ)とは?ドローンパイロット(操縦士)の私が徹底解説します!!!

皆様こんにちは! ドローン操縦をこよなく愛するドローンオタクのドロ助と申します。 実はここだけの話ですが、、、 今後ドローンを使ったドローンのビジネスの市場規模は「2025年度は6,000億円強」にな ...

続きを見る

 

冒頭でお伝えした通り、ロボティクスアカデミーでは二つの資格を取得することができます。

一つ目は、『JUIDA(ジュイダ)操縦技能証明証』です。

これは、無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を有する者に与えられる証明証で、後に紹介するドローン専攻エントリープログラムを終了し試験に合格すると取得できます。

二つ目は『JUIDA(ジュイダ)安全運航管理者証明証』です。

これは、無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識を有し、飛行業務の安全を管理する者に与えられる証明証で、JUIDA(ジュイダ)ライセンスオプションのカリキュラムを終了すると取得可能な資格です。

 

カリキュラムについて

ポイント イラスト

ここまでお伝えしている内容は、全てロボティクスアカデミーのドローン専攻についての話です。

そんなドローン専攻には『ドローン専攻エントリープログラム』と『ドローン専攻JUIDA(ジュイダ)ライセンスオプション』の二つのカリキュラムがあるんですね。

前項でお伝えした通り、それぞれJUIDA(ジュイダ)が発行する二つの資格を取得するためのコースです。

それぞれについて以下で詳しく説明したいと思います。

 

ドローン専攻エントリープログラム

まず初めにエントリープログラムです。

このコースでは、JUIDA(ジュイダ)操縦技能証明証取得を目指します。

受講料は191,180円税込です。

この受講料には教材費であるJUIDA(ジュイダ)のテキストや室内練習用機体、筆記・実技の試験料、実技練習で使用するドローンのレンタル料金が含まれているようですね。

約1ヶ月間のプログラムで、毎週土曜日か日曜日にスクールに通う形式になっています。

このコースの目的としては、『ドローンビジネスの実務において担当者及びパイロットに求められる運用上の知識や安全な利活用実現する技術(整備・点検・操縦)を習得すること』があります。

上の項目でもお伝えいたしましたが、月別での開催なので通いたい月のスケジュールを公式HPで確認する必要があるでしょう。

 

ドローン専攻JUIDA(ジュイダ)ライセンスオプション

二つ目は、JUIDA(ジュイダ)ライセンスオプションです。

このコースでは、JUIDA(ジュイダ)安全運航管理者証明証の取得を目指しています。

受講料は、25,630円税込です。

エントリープログラムとは異なり、試験料、教材費が含まれていませんので注意が必要です。

受講にかかる時間は、1日で約3時間の講習が予定されています。

このコースの目的としては、『ドローンビジネスの実務において、運航管理責任者に求められる法律や安全に関する知識を習得し、飛行業務の安全を管理することができる者に与えられるJUIDA安全運航管理者証明証を取得すること』が挙げられています。

JUIDA(ジュイダ)操縦技能証明証と同様に、ドローン活用が進むこれからの社会において必要な資格になってくると考えられるので合わせて所持していたい資格になります。

 

上記2コースの詳しいカリキュラム内容のまとめは以下の通りです。

カリキュラム内容

  1. オリエンテーション/ドローン室内練習 (エントリー)
  2. 独自開発の映像教材を用いたオンライン学習 (エントリー)
  3. 模擬試験・解説/飛行プラン設計ワークショップ/ドローン室内練習 (エントリー)
  4. 筆記試験/無人航空機実習 (エントリー)
  5. 無人航空機実習/実技試験 (エントリー)
  6. 安全運航管理者講習 (オプション)

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ロボティクスアカデミーの体験講習会を踏まえたスクール紹介をさせていただきました。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

おわりに

「職業」としてのドローンパイロットの今後とドローンマーケットを研究している私がドローンスクールを

  • 受講形式
  • アフターサポート
  • 認定資格
  • 費用

という観点からおすすめ順にランキング形式で纏めました。

参考になると思いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

-ドローンスクール

© 2021 ドロシル