ドローンの歴史/遠隔 ドローンビジネススクール(DBS)

【大人気ドローンスクール比較】ドローンスクール史上最安値!?の『マジオドローンスクール』と国内受講生No. 1の『DBS(ドローンビジネススクール)東京校』を徹底比較してみました!

今回は、『マジオドローンスクール』と『DBS(ドローンビジネススクール)東京校』のそれぞれのスクール紹介を行います。

二つのスクールのスクール概要、費用や受講内容・受講形式、アフターサポートや特典等、様々な角度からお伝えしていきたいと思っています。

ぜひ、スクール選びの検討材料にしてみてください。

 

二つのドローンスクール概要

講義

まず最初に、二つのドローンスクールの概要からお伝えしたいと思います。

 

『マジオドローンスクール』

マジオドローンスクール

まず初めに、『マジオドローンスクール』の説明です。

マジオドローンスクールは、ドライバーズスクールも運営している株式会社パルプランニングが運営しているスクールです。

株式会社パルプランニングとは、マジオネットグループに所属しており、このグループ全体では教習事業を中心に、安全教育、保育、児童教育、民間救急など、様々な新規事業で人々に安全と安心を提供しています。

そんな中、マジオドローンスクールは2020年4月からドローン事業を開始しそれが現在の『マジオドローンスクール』となりました。

マジオドローンスクールでは、教習所運営で得たノウハウを活かして国土交通省の管理団体が発行している『ドローン検定三級』の取得を目指し、東京や埼玉、鹿児島にてドローンスクールを運営しています。

 

『ドローンビジネススクール東京』

DBS ドローンsクール

続いて、『DBS(ドローンビジネススクール)東京』の紹介です。

DBS(ドローンビジネススクール)東京は、国内受講生数No. 1の実績があります。

その最大の魅力は、最短2日で国土交通省認定資格が手に入るだけでなく、資格取得後の就活までサポートしている点です。

実践形式を重んじたDPA(ディーパ)のカリキュラムに加え、ビジネスでの利用を目的とした手厚いサポート体制もあるので、初心者の方でも圧倒的な技術力を養える点で人気があります。

 

スクール 費用

費用

続いて、2社の受講費用についてご紹介していきたいと思います。

 

『マジオドローンスクール』の費用 〜アドバンスコース〜

まず、『マジオドローンスクール』ですが、一番人気は『ドローン検定基礎技能ライセンス取得コース』です。

ドローン検定基礎技能ライセンス取得コースは、『ドローン検定3級講習コース(座学)』と『ドローン検定基礎技能講習コース(技能)』が合わさったスタンダードなコースです。

取得日数は最低二日間で、コースの価格はテキスト代も合わせて90,420円(税込み)です。

 

『ドローンビジネススクール東京』の費用 〜回転翼三級コース〜

『ドローンビジネススクール東京』の一番人気のコースは『アドバンスコース』です。

アドバンスコースは、実務的な技術とノウハウに重きをおいたコースで、ドローン操縦士協会(DPA)の認定資格「ドローン操縦士回転翼三級」の取得取得を目指すコースになっています。

講習内容としては、カメラ付きドローンを自由に扱える技術を2日間で習得可能なものとなっています。

価格は、2日間で200,000円(税別)で、こちらもドローンの貸し出し料や保険料も含んでいます。

 

受講内容・形式

続いて、2つのスクールの受講内容・形式についてご紹介したいと思います。

 

『マジオドローンスクール』:受講内容・形式

まず、『マジオドローンスクール 』の受講内容を説明したいと思います。

内容としては、「航空法などの知識」「ドローン基礎操縦技術」の習得を目指しています。

期間は最短2日間で取得できるとのこと。

定められたカリキュラムを終了することで、「ドローン検定3級(無人航空従事者試験3級)」「ドローン操縦士(基礎技能認定証)」の資格が取得できるようですね。

また、このカリキュラムを通して、ドローンの飛行申請時に国土交通省に提出する際に必要な飛行履歴10時間を確保することができます。

受講形式は、マンツーマンで講習してくれるとのこと。

なので、集団が多い他のスクールよりも自分にあったペースで効率的に学習・練習することができますね。

 

『ドローンビジネススクール東京』:受講内容・形式

続いて、『ドローンビジネススクール東京』の講義内容・形式についてです。

DBS(ドローンビジネススクール)東京では、航空法条例12個をすべて満たしているDPA(ディーパ)は、実践に重きをおいたカリキュラムを使用しています。

受講形式として『ドローンビジネススクール東京』では、豊富な経験を持つインストラクターによるマンツーマン指導を行なっています。

そのため、簡単な質問から難しい技術に関しても気軽かつ何度でも質問することができます。

加えて、インストラクターは全員総フライト時間が2000時間を超えるドローンによる空撮や点検事業などの現場で働く方々なので、実践技術を身につけるには最適な環境と言えるでしょう。

 

各スクールの強み

ここでは、各スクールの強みの紹介をしたいと思います。

 

『マジオドローンスクール』の強み

『マジオドローンスクール』の強みは以下のとおりです。

 

まず一つ目は、ドライビングスクールも運営している団体のドローンスクールという点です。

マジオグループでは、教育事業を中心に様々事業を展開しています。

その中でもドライビングスクールは中心事業となっており、業務形態が類似しているドローン事業にその教育ノウハウが生かされているんですね。

 

二つ目は、国土交通省認定ライセンス「ドローン検定3級(無人航空従事者試験3級)」が取得できる点です。

民間のライセンスはJUIDA(ジュイダ)やDPA(ディーパ)と言った団体のものが有名ですが、マジオドローンスクールではドローン検定協会のドローン検定三級を扱っています。

 

三つ目は、ライセンス取得にかかる費用が圧倒的に安いという点です。

先ほど紹介したように、ドローンのライセンスを発行している民間企業はいくつかあります。

その中でもドローン検定を扱う『マジオドローンスクール』では、他のスクールと比較しても10〜15万円ほど安い料金でドローンの資格を取得することができます。

 

四つ目は、最寄駅から徒歩1分と好立地にある点です。

東京の新宿本校は、新宿三丁目駅出口から徒歩1分にあります。

駅近で、コンビニや伊勢丹などのデパートも近くにあるので、交通の便という意味やその後のショッピングなどにおいても汎用性の高い立地にあると言えるでしょう。

 

『DBS(ドローンビジネススクール)東京』の強み

ドローンビジネススクール東京の強みは以下のとおりです。

 

一つ目は、卒業後のサポートの手厚さです。

ドローンビジネススクール東京校(DBS)さんでは、卒業後の練習場利用が無料なのに加えて、動画編集の講座、ドローン測量のソフト説明会、赤外線ドローン勉強会、バーべキュー交流会など、様々なイベントやサービスが卒業後もあります。

また、それだけではなく、新規事業立ち上げ支援であったり、各種申請のお手伝い、新しい機体の購入相談等、資格取得だけでは終わらない関係性が持てるんですね〜。

何より、資格をとって初めて様々なことに挑戦できるわけですから、その後のサポートはスクール選びの大事な一要素になりますよね。

 

二つ目は、マンツーマン制度の講義です。

ドローンビジネススクール東京校(DBS)さんでは、実践型の講義を豊富な経験を持つインストラクターが完全個別指導を行なっています。

ドローンビジネスを扱うスカイエステート 株式会社さんが運営しているだけあって、そうフライト時間が2000時間を超える豊富な経験を持つ各インストラクターなので、ちょっとした質問から、高度な技術についても気軽かつ何度でも質問することができるんです。

他のスクールさんが、講師1人につき5人なのに対して、マンツーマンで指導が受けられるのは、技術習得の質にも関わってきますので、とても大切なポイントなのではないかと思います。

 

三つ目は、資格取得日数が二日という点です。

ドローンビジネススクール東京校(DBS)さんでは、ドローンに一切触れたことが無いような初心者の方でも、『たった2日間で飛ばせるようになる』ということを魅力としています。

先ほど言及した完全個別指導による質の高い授業によって、プロの操縦士を目指すための基礎技術でさえも最短2日で習得可能なのはすごいことですよね。

また、実技講習に必要とされる各種ドローンの貸し出しも無料なので、ご自身で準備する必要もないんですね。

まさに、手ぶらな状態で、気軽に通い始めることができるといえます!

 

四つ目は、充実した就活サポート体制です。

なんと、ドローンビジネススクール東京校(DBS)さんでは卒業後の更なるサポートとして、副業・転職支援もしているんですね。

運営会社であるスカイエステート株式会社が作成した「SORAeMON」というアプリでのマッチングサービスも展開しているみたいです。

このアプリでは、スクールで取得した資格をビジネスにつなげることを目的に作られていて、空撮のお仕事から、点検、壁面調査など、操縦士と操縦士に合った案件が見つかるプラットフォームになっているみたいです!

このスクール以外の方でも登録可能なので、是非チェックしてみてください!

SORAeMONアプリはこちら

 

五つ目は、卒業後の練習場使用料が無料という点です。

卒業後のサポートの場でも申し上げた通り、DBS東京校で使用できる練習場は卒業後使い放題でした。

しかし驚くべきはその大きさとスペックです。

実は、この練習場は都内最大級のもので、屋内のため天候にも左右されないんですね〜。

そして、このスクールを卒業した生徒専用のコートもあるため、卒業後でも天候や他の生徒さんを気にせず気軽に練習ができるんです。

そこでは、経験豊富なスタッフへの質問もできるため、受講時には感じられなかった一段と高いレベルの質問が生まれた後も、気軽に相談できるのは嬉しいですよね。

 

最後は、DPA(ディーパ)の資格を採用している点です。

ドローンビジネススクール東京校(DBS)さんのカリキュラムは、DPA(ディーパ)のものを採用しています。

これは、国土交通省が認定した資格・カリキュラムで、その技能認定証では、国土交通省航空局からの技術認定の9項目中、9項目全部が網羅されているんです。

他のドローン協会では、網羅されていないスクールもあるため、実践による技術だけでなく、こうした規則関係の学習もしっかりできるのは魅力的ですよね。

ドローンを使ったビジネスに応用を考えている方、ドローンの使用率が高い方は安心して受講することができるスクールです!

 

まとめ

最後に、これまでの項目を踏まえた比較を行っていきたいと思います。

以下、今回お伝えした項目をまとめたものです。

 

マジオドローンスクール

受講形式:マンツーマン
★★★★★
マンツーマン形式を採用しています。自分のペースで着実に学習が進められるてんは非常に良いでしょう。
アフターサポート
★★☆☆☆
充実した無料セミナーの開催が行われています。しかし、調べる限りでは操縦技能を維持・向上できるようなサポートはありませんでした。
認定資格
★★☆☆☆
「ドローン検定3級(無人航空従事者試験3級)」と「ドローン操縦士(基礎技能認定証)」の資格が取得できます。一般的な民間の資格と言える内容です。
費用
★★★★★
価格は10万円もかからないほど、非常に安価なものになっています。他のスクールと比べてもダントツの安さと言えるでしょう。
総合評価
★★★☆☆
総じての評価はご覧の通りかと思います。ドローンスクールの性質上、価格面の低さは大切な要素の1つかなと感じました。

マジオドローンスクールの1番の魅力は料金と言って良いでしょう。

このような安価な料金で資格の習得ができる点は、ドローンスクールの中でもトップティアに位置していると考えられます。

 

ドローンビジネススクール

受講形式:マンツーマン
★★★★★
ドローンスクールの中でも唯一と言っていいほど少ないマンツーマン指導を導入しているスクールです。
総フライト時間2000時間を超えるベテランスタッフの個人指導のもと、実践形式かつ確実に自分のペースで学べる環境になっています。
アフターサポート
★★★★★
案件受注までの手厚いサポート、室内練習場永年無料、法規制や技術に対する質問も可能、と完璧なアフターサポートだと思います。何より、資格習得で終わらないサポートは操縦士にとって必須なものだと私自身実感しているため、この評価になります。
認定資格
★★★★★
DPA(ディーパ)の認定資格・カリキュラムを使用しています。
JUIDA(ジュイダ)との大きな違いは、航空法条例12個をすべて満たしているか否かにあります。DPA(ディーパ)が全て満たしているのに対し、JUIDA(ジュイダ)は9個のみなので、確実にDPA(ディーパ)の方が良いでしょう。
費用
★★★★★
価格は200,000円(税込220,000円)です。
総合評価
★★★★★
上記をまとめると左のような評価になりました。ドローンを使ってゆくゆくはビジネスにつなげたい方はぜひご検討して見てください。

 

ドローンビジネススクール東京も、卒業後のサポートや特典は充実しています。

大きな違いとしては指導体制で、ドローンビジネススクールはマンツーマン講義を取り入れ、一人当たりの操縦時間が非常に多く、且つ個人にあったペースでの学習ができる点にあるでしょう。

また、都心からのアクセスという点において、DMSよりも近いということが一つ挙げられます。

まさに、『ドローン操縦士資格が素早く取得でき、卒業後も手厚いサポートがある国内最大級のスクール』と言えるでしょう。

 

最後に

いかがだったでしょうか。

今回は、『マジオドローンスクール 』と『ドローンビジネススクール東京』のスクール比較を行いました。

全く違う特徴を持ったスクール同士であることがお分かりいただけたかと思います。

これからも、ドローンに関するお役立ち情報を発信していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

おわりに

「職業」としてのドローンパイロットの今後とドローンマーケットを研究している私がドローンスクールを

  • 受講形式
  • アフターサポート
  • 認定資格
  • 費用

という観点からおすすめ順にランキング形式で纏めました。

参考になると思いますので、是非ご覧いただければと思います。

 

 

-ドローンの歴史/遠隔, ドローンビジネススクール(DBS)

© 2021 ドロシル